不動産投資体験
特設サイトはこちら!

不動産投資体験特設サイトはこちら!

仲介売却・買取

仲介売却と不動産買取について

不動産を売却する方法としては、大きく分けて仲介売却と不動産買取があります。こちらでは、福岡市を中心に不動産売買を行うTAICAN株式会社が、仲介売却と買取についてご説明します。
仲介売却と買取にはそれぞれメリット、デメリットがあり、お客様のご要望や物件の特性に応じて最適な方法がございます。はっきりと売却を決めていなくても、査定だけでも受けてみませんか?査定やご相談は無料ですので、お気軽にご依頼ください。

仲介売却と買取の違いについて

仲介売却と買取で大きく異なるのは、不動産の買い手と売却にかかる時間、そして売却価格です。弊社ではどちらの売却方法にも対応しており、お客様のご事情に合った最適なご提案を行っています。

仲介売却とは

仲介売却とは

仲介売却では一般的に個人のお客様が買い手となります。売主様と買主様との間に不動産仲介会社が入って、売却を進めていく方法です。業者が物件の広告活動を行って購入希望者を探し、買主様との条件交渉や契約のお手続きを行います。

広く購入希望者を探すため、相場価格での成約にいたるケースが多くなります。時間が多少かかってもよいから、できるだけ高く売却したい方にオススメの売却方法です。

不動産買取とは

不動産買取とは

不動産買取は、お客様の物件を不動産会社自らが直接買い取る方法です。一般的には不動産会社が買い取った不動産をリフォームしたり、リノベーションしたりして、自社の商品として販売することが多いです。

一般市場で購入希望者を探す必要はないので、不動産会社が提示する買取価格にご納得いただければ早期の売却が可能になります。物件をできるだけ早く現金化したい方にオススメの売却方法です。

こんな方には仲介売却をオススメします

  • 売却に時間がかかっても大丈夫
  • 各種の手続きをいとわない
  • 売却が周囲に知られてもOK
  • 納得のいく金額で売却したい
  • 購入者をしっかり見定めたい

仲介売却で結ぶ媒介契約には3種類あります

仲介売却で結ぶ媒介契約には3種類あります

仲介売却では、仲介を依頼する不動産会社と売主様との間で媒介契約を結ぶ必要があります。媒介契約によって、売買の条件や成約したときの報酬などを明確にさせ、後々のトラブルを避けることにつながるのです。

媒介契約には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があります。それぞれの特徴を知って、お客様の売却方針に沿った契約を選ぶようにしましょう。

一般媒介契約

複数の不動産会社に仲介を依頼できる契約です。このため、複数の不動産会社に売却活動を行ってもらえる可能性があります。また、売主様ご自身で買い手を探すこともでき、売主様、不動産会社双方にとって制約の少ない契約です。

一方で、不動産会社には販売状況の報告義務がなく、不動産会社にとっては自社以外で成約してしまう可能性があり、積極的に売却してもらえるとはかぎりません。このため、最終的に売れ残ってしまう可能性もあります。

専任媒介契約

1社としか契約できない媒介契約です。ただし、売主様ご自身で買い手を見つける自己発見取引は可能です。不動産会社にとっては、自社で仲介手数料を獲得できる可能性が高く、積極的な販売活動を期待できます。

なお、不動産会社は不動産情報ネットワーク(REINS)へ7営業日以内に登録する義務があり、販売状況も2週間に1回以上報告する義務があります。

専属専任媒介契約

専任媒介契約と同じく1社としか契約できない媒介契約です。さらに、売主様ご自身で買い手を見つける自己発見取引もできません。必ず仲介会社を通して売却しなければいけない取引です。

売主様、不動産会社ともに制約の大きい媒介契約です。不動産会社はREINSへ5営業日以内に登録する義務があり、販売状況も1週間に1回以上報告する義務があります。

3つの契約の比較
種類 一般媒介契約 専任媒介契約 専属専任媒介契約
複数社との契約 できる できない できない
自己発見取引 できる できる できない
契約期間 自由に設定できる 3ヶ月以内 3ヶ月以内
REINへの登録 義務はない 7営業日以内に登録 5営業日以内に登録
販売状況の報告 義務はない 2週間に1回以上 1週間に1回以上

仲介手数料とは

仲介売却では、不動産の売買が成立すると、仲介してくれた不動産会社に仲介手数料を支払います。仲介手数料は成功報酬であり、通常の売却活動をしてもらうだけの状況では支払う必要はありません。手数料の金額は宅地建物取引業法によって上限が決められています。

不動産の売買価格 仲介手数料の上限額
200万円以下の部分 取引額の5%以内
200万円超400万円以下の部分 取引額の4%以内
400万円超の部分 取引額の3%以内

不動産の売買価格が400万円を超える場合には、次のような計算で求められます。

仲介手数料(税別)=売買価格×3%+6万円

たとえば売買価格が2,000万円の物件の場合には、66万円(税別)という計算になります。

不動産取引の広域情報ネットワーク「REINS」について

不動産取引の広域情報ネットワーク「REINS」について

REINS(レインズ)とは、「Real Estate Information Network System」の略で、不動産物件情報交換のためのネットワークシステムのことです。不動産の仲介会社が物件情報を確認するシステムで、一般の方は、ご自身の売却物件にかぎり閲覧できます。

売却したい物件の情報がREINSに登録されることによって、より多くの不動産会社に物件を見つけてもらうことができます。これにより、当エリアで物件を探している顧客の目に留まり、早期の売却を期待できるのです。

REINSに確実に登録してもらうためには、REINSへの登録義務がある媒介契約を選ぶと安心でしょう。専任媒介契約の場合には7日以内、専属専任媒介契約の場合は5日以内にREINSへ物件情報を登録する義務があります。

不動産売却で注意していただきたいこと

不動産売却で注意していただきたいこと
不動産売却で注意していただきたいこと

不動産売却では、仲介を依頼する業者選びがポイントとなります。業者の中には、「囲い込み」といって、物件情報を市場に公開しないようなケースが存在します。これは、売主様と買主様の双方から仲介手数料を得られる「両手仲介」を実現するために行われる行為です。

不動産会社にとっては両方から手数料を得られるため利益は倍になりますが、売主様にとってはスムーズな売却にいたらないかもしれません。囲い込みは違法ではありませんが、売主様のことを考えれば情報公開してくれる業者を選ぶと安心でしょう。

また、不動産の査定は複数の会社に依頼することも多いと思いますが、相場に比べて高すぎる査定をつけてくる業者にも要注意です。中には相場にそぐわない高額査定で売却を開始し、なかなか売れないと、大幅値下げを打診してくるような業者もあります。

この場合、売却まで時間がかかるだけでなく、結局は相場より低い価格で売ることになってしまうのです。重要なのは、査定額で売却できるとはかぎらないという点です。

なお、売却後のトラブルを避けるためには、売買契約時に重要事項についてきちんと伝えることも大切です。不動産会社が作成する売買契約書に不備がないかしっかり目を通しておきましょう。

このように、不動産売却が成功するかどうかは、不動産会社選びや担当が重要になります。TAICAN株式会社は誠心誠意お客様の不動産売却をサポートします。安心してお任せください。

こんな方には買取をオススメします

  • とにかく急いで現金化したい
  • 期限付きで売却したい
  • 仲介売却に耐えうる手元の資金がない
  • 状態の悪い物件を売却したい
  • 事故やトラブルなどを抱えた物件を売りたい
  • 周囲に広く知られたくない

不動産買取のメリットとデメリット

買取のメリット

買取のメリット

買取のメリットは、何といっても売れるまでの期間が短くて済むことです。不動産会社が提示する買取価格にご納得いただければ、すぐに現金化することが可能です。購入希望者への内覧対応や、引き渡し条件の折衝など面倒なやり取りも必要ありません。

一般の住宅市場で売却しませんので、ご近所など周囲の方に知られることもなく、売却することができます。仲介売却で必要となる仲介手数料も発生しません。また売却後の契約不適合責任も免責となるため、後々のトラブルが生じないのも安心です。

買取のデメリット

買取のデメリット

メリットの多い買取ですが、唯一のデメリットとしては、仲介売却よりも買取価格が低くなってしまう点です。物件の状態などにもよりますが、一般的には相場よりも1~3割低いと考えておきましょう。

これは、買い取った不動産会社が、リフォームやリノベーションをしたり、販売活動をしたりする費用を見込んでいるためです。なお、まったく売れる見込みのない物件の場合には買い取ってもらえないこともあります。

TAICANは買取保証にも対応しています!

TAICANは買取保証にも対応しています!

買取保証とは、仲介売却で一定期間売れなかった場合に、あらかじめ取り決めていた売却額で不動産会社が買い取ってくれる売却方法です。すなわち、仲介売却と買取の中間のような位置づけになります。

まずは仲介売却を目指しますので、相場に近い価格での売却を期待できます。しかも期間内に売れなかった場合でも現金化できることが決まっていますので、売却までの時間に制限のある方にはオススメです。

ただし、買取保証を依頼する場合には、不動産会社と専属専任媒介契約を結ぶ必要があり、途中で契約している不動産会社を変更できません。しかも、買取保証はすべての不動産会社で対応しているわけではない点にも注意しておきましょう。

TAICAN株式会社は買取保証にも対応している会社です。できるだけ高く確実に不動産を現金化したい方は、安心して弊社にご依頼ください。